史上最強のアンチエイジングコスメ! 幹細胞化粧品Navi

史上最強のアンチエイジングコスメ!幹細胞化粧品Navi
幹細胞コスメ検定にチャレンジ!
究極の若返りコスメ・幹細胞化粧品を知り尽くす!
最強!幹細胞はこんなにスゴイ
幹細胞コスメを選ぶポイントは?
いまもっとも注目の幹細胞化粧品はコレ!
幹細胞化粧品の効果を徹底解剖 HOME  » どこよりもやさしく解説 幹細胞化粧品まるわかり講座 » 肌が老化するしくみをおさらい

肌が老化するしくみをおさらい

年齢を重ねると増えてしまう肌のシミやシワ。肌の弾力が失われ、頬や目元のたるみも気になってきますね。

このような、肌の老化現象はどうして起きてしまうのでしょうか?その原因について、詳しくおさらいしてみましょう。原因を知れば、来るべき肌老化を食い止めることも可能かもしれません。 

肌を老化させる最大の原因“紫外線”

肌へ大きなダメージを与えてしまう原因として、一番に挙げられるのは紫外線です。

紫外線には、肌の表面にだけ影響して日焼けを起こす「UV-B」と、肌の奥深くにまで到達する「UV-A」の2種類あるとされていて、特に注意しなければならないのは真皮に影響を与えてしまう「UV-A」です。

UV-Aは、UV-Bよりも放射量が多く1年中どの季節でも降り注いでいますし、波長が長いために雲やガラスも通り抜けてしまう特性があります。曇りの日の室内でも、知らず知らずのうちに肌の奥では紫外線のダメージを受けてしまっているのです。

紫外線を受けると、真皮で肌の弾力を保っているコラーゲンの線維が小さく断絶されてしまったり、同じくハリを保つエラスチンという成分が変性されてしまいます。真皮層で弾力を保てなくなった肌には、どんどんたるみやシワができてしまうそう。

こうして、長年浴び続けた紫外線のダメージが、肌の老化へとつながってしまうのです。

“活性酸素”で肌細胞がサビてしまう⁉

私たちは普段、呼吸によって酸素を体内に取り込み、血流によって細胞に行き渡らせて生命を維持しています。

しかし、体内に取り込まれた酸素の一部が、食生活の乱れやストレス、紫外線などのダメージで「活性酸素」という物質に変化してしまうことがあります。

肌の細胞で脂質と結合した活性酸素は、細胞を酸化させて機能低下を起こす原因となってしまいます。真皮のコラーゲンが硬くなってハリや弾力がなくなり、シワやたるみを発生させてしまうのです。

活性酸素は“身から出るサビ”。長年の不摂生や浴び続けた紫外線が、肌の細胞をサビつかせて老化を招いてしまうのです。

年齢を重ねるごとに乾燥しやすくなる肌

肌の表面を覆っている角質層では、肌自らが潤いを保つ成分を分泌して外の刺激から守っています。

アミノ酸や尿素などで構成されている天然保湿因子、セラミドから作られる角質細胞間脂質、肌表面に分泌される皮脂の3つが挙げられるのですが、これらの保湿成分は、年齢を重ねるうちに分泌量が減少し乾燥気味になってしまうそうです。

角質層から潤いが失われると、古い角質が残って肌の表面はガサガサ状態に…。細かい亀裂が入って、口元の小じわや目元のちりめんジワの原因となってしまいます。

乾燥はお肌の大敵。紫外線や活性酸素によってダメージを受けている肌に、さらに乾燥が追い打ちをかけて、老化を進めてしまう結果となります。

真皮の力不足でハリのない肌に…

肌の真皮層では、歳を経るごとに肌細胞を作り出す力が衰えてしまいます。真皮細胞で作り出されるコラーゲンやエラスチンの量も減るので、表皮を底から持ち上げていた真皮の弾力がなくなり、皮膚そのものが薄く痩せてしまうのです。

真皮層が痩せてしまった肌には、深く刻まれるおでこのシワや目元のたるみ、口元のほうれい線など目立つ老化サインが発生してしまいます。肌全体が下がって、硬くなった印象を与えてしまうこともあります。