史上最強のアンチエイジングコスメ! 幹細胞化粧品Navi

史上最強のアンチエイジングコスメ!幹細胞化粧品Navi
幹細胞コスメ検定にチャレンジ!
究極の若返りコスメ・幹細胞化粧品を知り尽くす!
最強!幹細胞はこんなにスゴイ
幹細胞コスメを選ぶポイントは?
いまもっとも注目の幹細胞化粧品はコレ!
幹細胞化粧品の効果を徹底解剖 HOME  » どこよりもやさしく解説 幹細胞化粧品まるわかり講座 » そもそも幹細胞って何?

そもそも幹細胞って何?

最近、再生医療の分野では幹細胞の研究が盛んにおこなわれています。

幹細胞とは、臓器や組織を作る元となる細胞で、自分と同じ細胞へと分裂する能力と別の種類の細胞へ分化する能力があるとされているもの。人間の体内では、すべての器官がそれぞれ異なる幹細胞を持っていて、これを元に新しい細胞や新しい組織を作り出しています。

ノーベル賞を受賞して話題となったiPS細胞もそのひとつ。皮膚から取り出した細胞に特定の遺伝子を入れることで、あらゆる種類の細胞へと分化が可能になると言われている細胞です。
このiPS細胞を元に、新しい臓器や組織を作り出す再生医療が可能になると考えられているのです。

美しい肌を作り出す幹細胞は2種類ある

人間の皮膚には、表皮の部分と真皮の部分に分かれてふたつの幹細胞が存在していると言われています。これらの幹細胞の特徴や働きについて解説しましょう。

表皮を生まれ変わらせる“表皮幹細胞”

表皮幹細胞は、肌の表面の部分に存在していると言われる幹細胞です。分裂と分化を繰り返し、自分と同じ表皮幹細胞と皮膚の表面を覆う表皮角化細胞のふたつを作り出します。

次々と新しい表皮細胞を作り出して表面へと押し上げていくので、肌のターンオーバーを正常に促す働きを司っています。

表皮幹細胞は基本的に、表皮の細胞だけを作り出す幹細胞ですから、肌の奥の真皮の細胞を作り出すことはできません。表皮の部分の肌荒れを修復することはできますが、肌の奥からハリや弾力を保持し、シワを改善する効果はありません。

真皮を生まれ変わらせる“真皮幹細胞”

一方、肌の奥の真皮の部分に存在しているのが真皮幹細胞です。真皮幹細胞は、分裂して自分と同じ真皮幹細胞を生み出すと共に、線維芽細胞という細胞を作ります。

真皮の部分は、この線維芽細胞を中心として弾力性を持ったコラーゲンやエラスチンの線維、ヒアルロン酸の水分で満たされていて、表皮を下からグッと持ち上げる仕組みになっています。

線維芽細胞には、真皮を構成するコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を作りだす働きがあるので、真皮幹細胞が活発に機能すると線維芽細胞が増え、真皮に弾力を持たせるこれらの成分を、自らの力でたくさん作り出すことができるのです。

真皮にふっくらとしたハリが出て、たるみやシワを改善する効果が期待できますね。